P9010000

HG ガブスレイを製作しました。 
初めて製作しましたがなかなかの異形で新鮮でとても気に入りました。
またオークションに出品しても受けは良さそうです。

しかしながら思ったより塗り分けやはさみ込みパーツが多く説明書と同じにするには初心者の方には敷居が高いキットだと思いました。(肩パーツのノズルの塗分けは鬼でした)

P900
P901
P902


HG ガブスレイを製作しました。 

初めて製作しましたがなかなかの異形で新鮮でとても気に入りました。
またオークションに出品しても受けは良さそうです。

しかしながら思ったより塗り分けやはさみ込みパーツが多く説明書と同じにするには初心者の方には敷居が高いキットだと思いました。(肩パーツのノズルの塗分けは鬼でした)

■基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー→塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。

製作・改修
・変形ですが結構難しいです。何が難しいかといいますとフレームなど華奢なパーツが多く破損の可能性があるため慎重に力のかかる箇所(合わせ目の箇所も)を考えて動かさないと危険です。中間形態までならそれほど難しくはないと思いますがモビルアーマー形態は結構気を使いました。

・ライフルの持ち手ですが保持力が悪くちょっと動かしただけでポロッと落ちてしまうので形は少し違いますがビルドナックルズの武器持ち手も追加で製作しました。変形がなければ接着しても良いかと思います。

・モノアイは少し削ってHIQパーツ製のものを取付しました。

・肩の合わせ目が来る箇所にちょうどノズルがありましたのでこれを合わせ目を消して真円にするのは
 不可能と思いましたので一旦くり貫き裏から市販パーツをはめ込み整形しました。

・フライングベースは塗装がはがれやすいのでパーティングラインを消した後整形色と近い色を作り
 塗装しました。(多少はがれて下地が出ても目立ちません)

★塗装★

MRカラーを中心に使用。スミイレはエナメル、トップコートはつや消しです。