P716032000000000000

今回は旧キットの味のあるプロポーションは出来るだけ変えずに立ち姿が決まる様に改修しました。ちょっとかわいい感じになりました。
 
P94
P95
今回は旧キットの味のあるプロポーションは出来るだけ変えずに立ち姿が決まる様に改修しました。ちょっとかわいい感じになりました。

基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。

改修
・モノアイはビルダーパーツのレンズを取付(無可動)
・股関節の軸は強度が足りないので真鍮線を軸に新造
・脚を八の字に開けるように太ももの内側の差込口を拡大
・足首は脚を開くと接地が出来ないのでクツの内側にラバー風のパーツを作り斜めに傾け接着
・足首の上下可動は固定しました。
・こぶしはポリパテで裏打ちし立体的に形を作り直し
・胴体動力パイプは接着してもすぐに取れるので真鍮線を通してあります。
・ヒートロッド2種類は真鍮線で手首と繋ぐ形に変更
・筋彫りの彫り直し
・各部シャープ化
・各部後ハメ加工
・ディスプレイベースを製作
・クリアランス調整
・頭部アンテナは発送の事を考え接着していません
・各部合わせ目消し
・旧キットですので間接等多少ゆるい箇所がありますが保持には問題ありません

塗装
旧キットらしくベタ塗りで仕上げました。スミイレはエナメルでトップコートはつや消しです。