DSC05257100
当初はGファイターのみの製作と考えていましたがやはりガンダムがないと魅了が半減ですので結局Gファイターとガンダムを製作しました。どちらのキットも出来は良いので今回は変形合体しても塗装やデカールが剥がれ無い様にパーツのクリアランス調節をメインに製作しました。その他細かい箇所など違和感の無い用にディティールアップを施し丁寧に製作しました。かなりボリュームがあり組み合わせのバリエーションも豊富で良い物になったと思います。






DSC051
DSC052
DSC05047
DSC05087
DSC05245
DSC052571
当初はGファイターのみの製作と考えていましたがやはりガンダムがないと魅了が半減ですので結局Gファイターとガンダムを製作しました。どちらのキットも出来は良いので今回は変形合体しても塗装やデカールが剥がれ無い様にパーツのクリアランス調節をメインに製作しました。その他細かい箇所など違和感の無い用にディティールアップを施し丁寧に製作しました。かなりボリュームがあり組み合わせのバリエーションも豊富で良い物になったと思います。
※今回は連邦軍仕様のアクションベースが付属します。

基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー→塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート→金属色塗装→組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。
製作・改修
Gファイター
・パーツ同士が非常にきつく一度組んでしまうと外すのが困難になるパーツが沢山ありましたので取り付け穴溝など削り込みを行い調節しました。
・クリアランス調整はサーフェイサーを吹いてから合体変形させ剥がれた箇所は削り込んだり角をおとしたりして調節していす(合体時は見えない箇所(形態によりますが足首、頭部などは外して合体させる事をお勧めします。また乱暴に合体させますとデ カール塗装の剥がれなどの可能性がありますのでご注意ください
・砲身、後部のバーニアなど厚みが気になる部分は削り込みシャープに整形しました。
・機体先端のミサイル発射口は真鍮パイプと伸ばしランナーで発射口とミサイルを製作し取り付けました。
・機体先端のシリンダーはラピーテープを貼りました。
・機体のサイドなど面が寂しい箇所は筋彫りを入れました。
・メガ粒子砲の基部など市販のディティールアップパーツを取り付けたりモールドを入れたりしてディティールアップをしました。
・パイロットはセイラさんを選択しセイラ機として製作しフィギュアを丁寧に塗装し、UCハードグラフよりのパーソナルマークも貼りました。

ガンダムVer.2.0
OYWの方がヤフオクでは人気が有る様ですが個人的には劇中のスタイルにより近いVer.2.0の方が好みです。全体にすっきりしているのも良いです。このキットはかえって変にスチールボールやパイプを入れたり筋彫りなど入れるとかっこ悪いと思いますのでキットの持ち味を生かし丁寧に製作しました。
・ひざの関節はやはり塗装すると動かした時に剥がれますので削り 込みクリアランスの調節をしました。
・コアファイターも同様に調節しました。

塗装
Gファイターはガンダムに合わせた色で塗装しガンダムの色味はアニメのオープニングに登場するガンダムを参考にしました。また今回は合体物ですのでいつも以上にしっかり塗料を乾燥させ保護の為つや消しクリアーを多めに吹きました。

G=ガイヤカラー
M=MRカラー
F=フィニッシャーズカラー
Gファイター
本体:MブルーFS15050+Mインディーブルー+Mブラック(少量)
白:Mホワイト17875
赤:Fファンデーションホワイト→MSレッド+MSイエロー(少量)
黄:Fファンデーションホワイト→MSイエロー+MSレッド(少量)
グレー1:Mニュートラルグレー+Mブラック
グレー2:上記のグレーを調合比を変えた物
シリンダーなど:Gスターブライトシルバー、スターブライトゴールド
ガンダム
白:Mホワイト17875
青:Mスカイブルー+Mコバルトブルー+Mホワイト+M蛍光ピンク少量
赤:Fファンデーションホワイト→MSレッド+MSイエロー(少量)
黄:Fファンデーションホワイト→MSイエロー+MSレッド(少量)
グレー1:Mニュートラルグレー+Mブラック
グレー2:上記のグレーを調合比を変えた物
シリンダーなど:Gスターブライトシルバー、スターブライトゴールド
スミイレ:タミヤエナメルダークグレー、フラットブラック
トップコートGEXフラットクリアー

デカール
ガンダムデカールリアルタイプGアーマー用を使用しました。マークソフターで密着させています。