P7771
現在は入手困難で1/60のグフはこれしかないというキットです。
複雑な配線やビス止め、各パーツを簡単にばらせないメンテナンス製の悪さで廃盤になっていたのもうなずける今までの中でも屈指の難易度のキットでした。特に配線は説明書通りでは完成しません。しかし完成してみるとサザビー以上に迫力があり発光も多く魅力のある物でした。今回はこの難キットを使用し大河原マーキングとグラデーション塗装でレトロ感じで仕上げました。
P777

P888
P999
P100
P111

現在は入手困難で1/60のグフはこれしかないというキットです。
複雑な配線やビス止め、各パーツを簡単にばらせないメンテナンス製の悪さで廃盤になっていたのもうなずける今までの中でも屈指の難易度のキットでした。特に配線は説明書通りでは完成しません。しかし完成してみるとサザビー以上に迫力があり発光も多く魅力のある物でした。今回はこの難キットを使用し大河原マーキングとグラデーション塗装でレトロ感じで仕上げました。

※画像に可動による塗装の剥がれを防ぐ為マスキングテープで保護している箇所があります。電池は新しい電池に取り替えてからお渡し致します。またボディの濃い青は画像よりも実物は暗く落ち着いた色になっています。

基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー→塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート→配線(一部ハンダ付け)→組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。