PA132
合せ目消し後ハメ加工がかなり多く製作は大変でしたがプロポーションギミック共に素晴らしいキットでした。
PA11
PA12

PA13
PA15


合せ目消し後ハメ加工がかなり多く製作は大変でしたがプロポーションギミック共に素晴らしいキットでした。

基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー→塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート→フレーム塗装→組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。

製作・改修
今回は合せ目けしの為の後ハメ加工が中心の工作となりました。
・頭部アンテナはシャープに整形
・マスク部分の後ハメ加工を行い耳の内部のダクトは後ハメ加工の為取り付けが困難になりましたのでコトブキヤパーツに置き換えて取り付けました。
・頭部のバルカン砲は切り取りエポパテで作り直しアルミパイプを先端に取り付けました。
・ドラグーン先端は少しエッジのある形状に変更し先端をシャープに整形しました。
・見えいにくいですが搭乗姿勢のパイロットも塗装済みで乗せてあります。
・レールガンの後ハメ加工
・ドラグーンの後ハメ加工
・太腿スライド装甲のクリアランス調整

塗装
ゴールドのメタリックの箇所とその他のつや消しの箇所は完全に分けての塗装になりました。使用塗料はフィニッシャーズ、ガイヤカラー、MRカラーなどです。

デカール
付属の物と大判の物は専用の水転写式を使用し指定通りに貼りました。マークソフターを使用しています。