P10500

P1010
P1020
P1030
P1050


今回は記念すべきMG第一号のガンダムを製作しました。古いキットなので可動範囲は狭いですがプロポーションは良いです。ハッチオープンやダクトのメッシュシート、ディティールアップパーツなどこだわりのキットになっています。

生産中止との噂もありましたので今回製作しました。


■基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー→塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。

■改修
・頭部アンテナはシャープ意に整形
・マスクの位置は奥と上に若干ずらし調節
・首の軸を前に移動
・顎の内側を削り顎を引ける様にしました。
・胸の筋彫りは太すぎで古臭いので一旦消して新たに筋彫りを彫りました。
・膝の筋彫りもかっこ悪いので消してあります。
・二の腕の合わせ目は消して若干ずらして筋彫りを入れ直し
・各部後ハメ加工
・筋彫りの彫り直し
・付属のディテールアップパーツを各所取付

★塗装★
ベースグレーより立ち上げのグラデーション塗装です。スミイレはエナメル、トップコートはつや消しです。

■デカール
キット付属のドライデカール、市販のコーション、その他使用
マークソフターで密着させています。