P9

P91
P9
P9123
P912
今回はG3に似合いそうなバンダイのシステムベースも製作しました。

基本工程
仮組み→改修→表面処理400番ペーパー(ゲート処理、ヒケ処理、パーティングライン消し、合せ目消し)→800番(表面処理)→1200番サーフェイサー→塗装→すみ入れ→デカール貼り→つや消しトップコート→金属色塗装→組み上げ→最終チェックの手順で製作しています。

改修・製作
・頭部アンテナはシャープに整形
・肩上部にモールドを追加
・メインカメラはブルーのラピーテープを貼付
・胸の丸モールドは開口しウェーブのパーツを取付
・腹部に筋彫りを追加しました。
・甘い筋彫りは掘り直しました。
・段差があるモールドは筋を彫り直し平らにしました。
・肘、膝、足首のマイナスモールドはマグネットコーティング後設定でダイバーシティガンダムを参考にフタを計12個製作し取り付ました。
・股間に小バーニアを取付高機動感を演出しました。
・ランドセルのバーニアも上記の理由でバンダイ製のディティールアップパーツのバーニアに交換し大型化しました。(前回と違う物を選択しました。)
・システムベースはストレート組ですがパーティングラインが多く処理にてこずりました。


塗装
グレー過ぎないようにホワイトに近い色で塗装しました。全体的にモノトーンでクールな感じなのでアクセントとしてシリンダーやバーニアなどはゴールドなどのメタリックで塗装しアクセントとしました。今回ブラックからの立ち上げのグラデーション塗装です。
システムベースもブラックからの立ち上げ塗装でこちらは主役のガンダムを引き立てる為地味に塗装しました。

デカール
キット付属の物とVer.2.0G3ガンダムのドライデカールを使用しました。システムベースにはユニコーンガンダムのMSゲージのドライデカールを使用しました。